Email







Choose Note

Instructions :



全ての世間の出来事から超然とする感覚がしばらくの間、この経験の余韻と
して彼を覆う。優美な感情は再び消えるが、彼を孤独にすることもなく、孤
独にならないことを誓う。彼は二度と再び、孤独になることはない。何が起
こったかを思い起こすだけで、生涯に渡り、孤独ではないのである。
Source: The Notebooks of Paul Brunton





Your friends Email:
Your Email:

The notebooks are copyright © 1984-1989 The Paul Brunton Philosophic Foundation

This site is run by Paul Brunton-stiftelsen · info@paulbruntondailynote.se