Email







Choose Note

Instructions :



この驚嘆すべき経験を初めてした時のことを覚えている…私は何か分解し
て、その場所から消えてしまったように感じたが、意識はしっかりしてい
た。何かがそこにあった、私でないのは間違いないが、それを十分に意識で
きた。1つだけ大切なことは、それが何か極めて重要なものだということで
あった。数分で我に戻ると私は時間と空間の中にまた存在しているのがわか
った、しかし、とてつもない静けさに満たされ、慈愛溢れる感情がそこにあ
った。木々や、灌木、花々、草木を見ると 大いなる思いやりが感じられ、他
の人々に対しても大いなる慈愛の念で考えることが出来た。
Source: The Notebooks of Paul Brunton





Your friends Email:
Your Email:

The notebooks are copyright © 1984-1989 The Paul Brunton Philosophic Foundation

This site is run by Paul Brunton-stiftelsen · info@paulbruntondailynote.se