Email







Choose Note

Instructions :



彼は自分も他人も欺くことは出来るが、カルマの力を欺くことは出来ない。
カルマの前では、自分の行為について責任を持たなければならず、その報い
は受けなければならない。ここから逃れるところはどこにもない。
Source: The Notebooks of Paul Brunton





Your friends Email:
Your Email:

The notebooks are copyright © 1984-1989 The Paul Brunton Philosophic Foundation

This site is run by Paul Brunton-stiftelsen · info@paulbruntondailynote.se