Email







Choose Note

Instructions :



人が自身の「中心」に毎日戻り、瞑想により、それに接触しているとき、彼
は身体としての占有感と知的な一方的な偏りから遠ざかる。それは彼らしく
なることであり、自身の身体からは制約を受けなくなるのである。
Source: The Notebooks of Paul Brunton





Your friends Email:
Your Email:

The notebooks are copyright © 1984-1989 The Paul Brunton Philosophic Foundation

This site is run by Paul Brunton-stiftelsen · info@paulbruntondailynote.se