Paul Brunton Daily Note

… 自我は絶えず 自身を生きながらえるため、必要であれば秘密裏に、最も
狡猾、浮薄、詐称で、欺く方法を全て使用する。霊的修行にも純真に参加
し、その道を狂わせ、その方法を誤用させ、自身の安泰を図るのである。

6.8.4.207
2020-05-31

  • From The Notebooks of Paul Brunton, 抜粋 6
  • カテゴリ 8: The Ego
  • 4 章: Detaching from The Ego
  • ナンバー: 207, 巻

The notebooks are copyright © 1984-1989 The Paul Brunton Philosophic Foundation

This site is run by Paul Brunton-stiftelsen · info@paulbruntondailynote.se